オージーライフ

更新 2018.06.30

オージーは見た目も飾らない、そんなカジュアルさが心地いい

「オージー」は英語で「Aussie」、「オーストラリア人」「オーストラリアの」という意味で使われる話し言葉。

オージーは本当に飾らない国民性。

それは見た目も同じ。
普段はいたってカジュアルな服装。

夏場だったら、Tシャツに短パンはいて、お決まりのビーサンにサングラス・・・はい完成!てな感じです。
隙あらば海やプールに入りたい病の国民なので、
水場があったらすぐ入れる体勢を整えているのか?と思うくらい。
下着が水着になっちゃってる人多いです。

今住んでいる所は熱帯気候エリアなので、年中、Tシャツ・短パン・ビーサンで過ごせてしまいます。

日本人から見ると、女性の肌の露出度がハンパありません。
キャミソールに短パンが主流。
お尻がはみ出そうな短パンもよく見かけます。

ブラのひもが見えていてもおかまいなし。

痩せていようが太っていようが気にしません。

中年以降のご婦人だって、けっこう露出度高いです。

上半身ビキニ姿で街歩きしている人も。

裸足で歩いている人もめずらしくありません。
公衆トイレにも裸足で入るし、飛行機の中でも、乗り込むやいなや靴も靴下も脱いで裸足になり、
そのままトイレに入っていくオージーもいます。

たいていの家には裏庭があって、子供たちはそこで裸足で走り回っています。
そう、子供の時から裸足は鍛えられているのです。

いまだに真似できませんが、
夜寝るときに、ちゃんと足を洗ってベットに入っているのか気になるところ・・・。

スポンサーリンク

そんな環境に生活していると、やっぱり染まってしまうもの。

私もこの年になっても、家ではもちろん買い物に行くときもTシャツ・短パン・サンダルスタイル。
短パン・ファッションショーができるくらい数がたまっていましたが、つい最近かなり処分しました。

もともと、化粧もほとんどしないし、着るものもシンプルなものばかり。
重ね着なんて難しくてできません。

こんな私にはこのエリアのスタイルはうってつけ。
毎日何着ようか迷うこともないし、ワードローブのスペースも取りません。
周りの日本女子は、おしゃれのしがいがないと嘆く人もいますが、私には十分。

そんなオーストラリアから日本に帰ると・・・。

街中の女性陣は小ぎれいな格好している人が多いです。
デザインも細部にこだわったものが多い感じがするし、
着ている服も上質に見えます。

化粧も日焼け対策もバッチリ。
間違ってもキャミソール&短パン姿のご婦人なんていません。

そんな中、シミ・そばかすだらけのすっぴん顔でものすご~くカジュアルな格好をして歩いていると浮いてしまうのです。
だから、日本に帰ってくると、自然と着るものも顔も少しだけ日本スタイルに。

オーストラリアでは着心地のいい服が、日本ではラフすぎて落ち着きません。
日本ではちょっと凝ったデザインの服を楽しめても、オーストラリアではそんな服めったに着ることがありません。

服は着る場所を選ぶのです。

普段着はこんなですが、パーティーや結婚式などのイベントになると、オージーもしっかりおしゃれします。
女性はカラフルなドレスにハイヒール。
男性は襟付きのシャツにパンツまたは短パン。

普段着との落差がかなり大きい。

たまに、フォーマルな格好なのに足元はやっぱりビーサンっていう男女もいますが。
それもやっぱりオージー流。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 旬の新鮮食材ならまずは地元マーケットへGo

    自宅から車で1時間の範囲内には、週末必ずどこかでマーケットが開かれてい…

  2. オージーライフ

    会計前に飲み食いしてもOK!? オーストラリアのスーパーで見る衝撃な光景

    国が違えば文化や習慣も違うので、いろんな驚きがあるもの。日常生活で…

  3. オージーライフ

    エッ、そんなものを!? 食べ歩き天国オーストラリア

    お題の「食べ歩き」は、あちこちの店を食べて回る食べ歩きではなく、歩きな…

  4. オージーライフ

    オーストラリアは水泳大国! イアンソープが育つワケ

    オージーは魚類か? と思うくらい、大人も子供も、年中、海やプールで大は…

  5. オージーライフ

    結婚もあり事実婚もあり・・・家族のあり方は多様

    オーストラリアには、デファクト (De facto) 制度があります。…

  6. 親のケア

    戸締まりしても完全ではないけれど・・・

    今日は母を病院へ送迎。定期的に内科、整形外科、耳鼻科に通う病院好きな母…

スポンサーリンク
PAGE TOP