自己紹介

こんにちは。

50代前半、更年期まっ盛りのあん子です。
オーストラリアに住んでいます。

40代前半から更年期特有の症状がいくつか出てきて、体の変調をひしひしと感じている今日この頃。


3年前に父が寝たきりになり病院暮らし、母は実家で一人暮らしになりました。

それ以来、父への面会と足腰が弱くなった母の面倒を見るため、オーストラリアと日本を行き来する機会が増えました。

その後、父が他界し、実家の母は完全に一人暮らしになりました。

お盆と正月を挟むそれぞれ数ヶ月は母と一緒に過ごす時間を持つために実家に長期帰省しているほか、一人暮らしの母を見守る手段を試行錯誤しています。


また私には、親とそれ程歳が離れてない、20歳年上のパートナー、きな男(仮名、日本人)がおります。かなりの年の差カップルです。

毎日運動を欠かさず健康管理に努める、茶目っ気たっぷりの彼とは普段は年の差を意識することはほとんどありませんが、ほぼ親と同世代なので、いつ体調に変化が現れてもおかしくありません。


親の面倒をみるためにオーストラリアと日本との往来が増えたことがきっかけではありますが、自分の体力の低下、親の介護、そしてパートナーとの今後を考えたとき、不要なモノをそぎ取って、いつでも身軽に対処できる
環境づくりをしておかないといけないと思うようになりました。


50代前後の更年期女性は、自分の体の変調、家族の面倒、親の介護など、心身ともにしんどい時期でもありますよね。

更年期以降を少しでも軽快に過ごせるようにするためにも、身辺整理をして、自分の体づくり、パートナーや家族との良好な関係づくりに励むことが大事なのではと考えています。

【2018年4月更新】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP