更年期

更新 2017.12.23

顔のシミってホントに消せるの? とシミ取り化粧品を試し中

日本に帰るたびに、日本の女性の肌の綺麗さに圧倒されます。
「ウッソでしょー!」と言いたくなるような50代、60代の美肌女性がゴロゴロいるんですよね。さすが美肌国!

一方、私はと言えば、シミ、そばかす、くすみの三拍子が揃った自慢の汚れ肌。
顔には大きめのシミが数個居すわっております。
今更ながら、ここまで放置してしまった自分を反省。

スポンサーリンク

もともとほとんど化粧はしません。化粧しない方が肌にいいことしてるんじゃない、と思い込んでる節があります。

日本で会社勤めしていた頃はうっすらと化粧していましたが、今は毎日家にいるのでスッピン。出かけるときは、アイシャドーと口紅を塗る程度。少し念入りにしたとしても固形のベビーパウダーをはたくだけ。当然、年季が入ったシミはカバーされることなく堂々とその存在を放っています。手元にある賞味期限切れの古いファンデーション塗ってみましたが逃げも隠れもしません。

私はもともと色白。
でも、中学・高校の頃はそれがかえってコンプレックスでしたね。

夏休みが終わると日焼けしてくる同級生が多かったのに、私は白いままだったので、どこにも遊びに行っていないのがバレバレで恥ずかしいと思ってました。それで、翌年には無理矢理海に行って日焼け止めではなく日焼けを促進するクリームを塗って、全身に水ぶくれ作って皮膚科に通うはめになったことも。

こんがり肌願望があったので、社会人になってからも、日焼けの予防もケアもまじめにやってませんでした。

オーストラリアに来てからは、ご存じのとおり、紫外線の強さがハンパないので意識はし始めましたが、日焼け止めのベトベト感が嫌で塗ったり塗らなかったり。

このように、つい最近まで肌のケアを怠っていたので、シミやそばかすを助長する羽目に。
30代からシミが出始めた記憶です。だんだんと大きくなっているなとは思っていましたが、何もケアすることなく今に至ります。

日本人を含めアジア人は童顔で、実年齢より若く見えますが、私みたいにシミやそばかすが多くて顔がくすんでいると、一気に老けて見えてしまいます。鏡の中の自分を見て、「疲れてるの?」と聞きたくなるほどです。

日本女性はやけに色白にこだわりますよね。真夏でも、真っ白な厚化粧に日傘、肘までの手袋、首の回りにはスカーフ、と完全防備の女性をよく見かけます。若い女の子でも、タンクトップに短パンと軽快ないでたちでも、顔を見るとばっちり厚化粧だったり。

さすがに完全防備の装いには引いてしまいますが、少なくとも紫外線対策は必要だなと、できてしまったシミ、そばかすを見ると今更ながら感じます。

シミってできてしまったらどうしようもないよね? と完全に諦めモードなんですが、ネットの口コミを見ると、結構評価が高いシミ取り化粧品があるんですよね。ホントかよ~? と疑い深くなりますが、気になるシミがあるので、私には珍しく、実家に帰省していた2か月前に、試験的にシミ取り化粧品のトライアルを注文してみました。

1週間分のトライアルを使い切った感想は、肌に潤いがでたのと、こころなしか顔が明るくなった実感があります。肝心のシミですが、目に見えての変化はなし。まあ、1週間で効果を期待する方がおかしいわけで、もっと長期間使い続けないといけないでしょうね。

ということで、この美白セットの本品を購入してただ今実験中です。シミはそれほど期待してませんが、少しは薄くなって欲しい。それと、肌の潤いがキープできて、もっとくすみが和らげばいいかなと思ってます。また、報告します。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エクササイズ

    ラジオ体操で手軽に運動習慣、更年期女性にもおすすめ!

    2か月程前から、15年振りにラジオ体操を始めました。「えっ、ラジオ…

  2. 更年期

    私の更年期症状⑥: 寝つきが悪い・夜中に目が覚める

    布団に入ると速攻眠れるのが特技と言っても過言ではなかった私ですが、最近…

  3. ホットフラッシュ

    更年期

    更年期のホットフラッシュいつまで続くの? 70代までも!?

    更年期症状の代表格であるホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)。いったいい…

  4. 眠れない

    更年期

    更年期の睡眠の質が下がったら夫婦の寝室を別々にしたほうがいい場合も

    最近、寝室を分けました。不仲になったから?・・・ではなくて…

  5. 更年期

    骨粗しょう症予防に、まずは自分の骨密度を把握してみる

    昨年の年末、実家に帰省していたときに、五十肩の治療に通院していた整形外…

  6. 更年期

    私の更年期症状⑤: 性交痛

    話題にするには抵抗がありますが、更年期女性にとってはとても気になる大切…

スポンサーリンク
PAGE TOP