更年期

更新 2018.11.2

私の更年期症状①: 生理不順

更年期の症状はさまざまですが、症状の出方も個人差が大きいですね。
まったく症状を感じないで通過する人もいれば、
日常生活に支障をきたすほど重症化する人もいます。
だから更年期障害と呼ぶのでしょう。

頭痛や不眠、鬱に悩む人がいることを考えると、
今のところその症状がない私はかなり軽い方なのだと思います。

今回は、私が体験した生理不順についてお話しします。

スポンサーリンク

生理周期の乱れ

私が最初に体の不調を覚えたのは、生理周期の乱れでした。
45歳からでした。

それまで25~28日だった周期が、ところどころで20日になったり15日になったりと
周期が短くなることが多くなりました。

かと思えば、50日空いたり、はたまた90日こなかったことも。

不安になっていろいろ調べているうちに、更年期に突入したことを理解しました。

一番空いた間隔は110日間です。

出血量の乱れ

その後も不規則な周期が続くと同時に、出血量にも変化が見られました。
一時的に極端に多くなったり、少なくなったり、だらだら続いたり。

とんでもない出血量が長く続いたときは、
普段から貧血ぎみの私は、よく立ちくらみしていました。

次第に一回の生理期間が短くなり、出血量も少なくなってきたので、
いよいよ閉経か?と思っていたら、また来たり。

最後は何回かフライングをくらうも、ようやく48歳で閉経。

参考までに、閉経と閉経年齢の定義について、
女性医療の専門家、太田 博明先生 は次のように説明しています。

閉経とは、WHO(世界保健機関)によると「卵巣における卵胞の消失による永久的な月経の停止」とされています。
医学的には、40歳を過ぎて1年以上月経がない場合、1年前の最終月経の年齢をもって閉経年齢とします。
(出典: Medical Note)

スポンサーリンク

閉経までの道のりも人それぞれ

このように、私の場合、生理の周期や出血の乱れは、
45歳に始まり48歳で閉経するまで約3年続いたことになります。

閉経に至るまでの道のりもまた個人差があります。
ある日突然なくなる人もいれば、
間隔が空いて飛び飛びになり、いつの間にかなくなる人、
私のように乱れてなくなる人など、さまざま。

生理不順の期間も人によって違います。

不安は専門医で解消すべし

改めて振り返ると、この閉経までの生理不順は、
女性にとっては非常に大きな体の変化なので、やはり不安になります。

病院に行ったり、薬に頼りたくない性分の私は、
身近な先輩方の体験談やネット上の情報で不安を解消して、
一度も専門医を訪ねることはしませんでした。

でも、体験談やネット上の情報は正確な情報とは限らないし、
個人差もあるので鵜呑みにできないんですよね。

生理不順や不正出血は、更年期の症状ではなく、
子宮や卵巣などの病気が原因で起きている可能性もありますから。

不安に思ったり、症状が重い場合は、
迷わず婦人科を受診しましょう。

***更年期に関する参考書籍***

スポンサーリンク

関連記事

  1. エクササイズ

    ラジオ体操で手軽に運動習慣、更年期女性にもおすすめ!

    2か月程前から、15年振りにラジオ体操を始めました。「えっ、ラジオ…

  2. ホットフラッシュ

    更年期

    更年期のホットフラッシュいつまで続くの? 70代までも!?

    更年期症状の代表格であるホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)。いったいい…

  3. 更年期

    顔のシミってホントに消せるの? とシミ取り化粧品を試し中

    日本に帰るたびに、日本の女性の肌の綺麗さに圧倒されます。「ウッソで…

  4. 更年期

    私の更年期症状⑥: 寝つきが悪い・夜中に目が覚める

    布団に入ると速攻眠れるのが特技と言っても過言ではなかった私ですが、最近…

  5. 更年期

    更年期は第二の思春期? 越えたら第二の青春待っている

    「更年期」という響きから連想するのは、「老いの始まり」、「更年期障害」…

  6. 更年期症状: 肩こり

    更年期

    私の更年期症状⑦: 肩こり

    数ヶ月前から、以前はほとんど経験したことがなかった肩こりの症状が出始め…

スポンサーリンク
PAGE TOP